B型肝炎の検査は?

B型肝炎ウイルスに感染しているかの検査は、血液検査で調べることが可能です。

正確な診断のため、検査時期は感染時期から三か月以上経過する必要があり、検査後は約一週間で検査結果が判明します。
ウイルスに感染後の血液中は、遺伝子や抗原などのウイルス自体が存在し、それらのウイルスを排除しようと免疫機能が働いて、血液中に免疫グロブリンという抗体が出現します。
これらをウイルスマーカーと呼びますが、ウイルスマーカーを検査することで現在・過去の感染の有無や、感染力、ウイルスの量、感染経路、遺伝子型(ジェノタイプ)などを測定することが可能です。
B型肝炎のウイルスマーカーはHBs抗原、HBs抗体、HBe抗原、HBe抗体、HBc抗体、,HBV-DNA、IgМーHBc抗体などがあげられます。

肝疾患診療連携拠点病院一覧

弁護士費用

完全成功報酬だから安心B型肝炎給付金に強い弁護士法人赤瀬法律事務所 詳しくはこちら

成功報酬は、給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが、国から4%補助されますので、お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし、最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので、お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t