必要書類

B型肝炎給付金の請求には、受給対象者である以下の条件を満たしていることを証明する書類が必要になります。

■一次感染者
  • ①B型肝炎ウイルスに持続感染していることの証明
  • ②満7歳になるまでに集団予防接種等を受けていることの証明
  • ③集団予防接種等での注射器の連続使用があったことの証明
  • ④母子感染ではないことの証明
  • ⑤その他の集団予防接種等以外の感染原因がないことの証明
  • ⑥病気の診断書または、相続人が請求される場合は死亡診断書(無症候性キャリアの場合は不要)
■二次感染者(母子感染)
  • ①母親に関する、上記、一次感染者①~⑤のそれぞれの証明
  • ②ご自身がB型肝炎ウイルスに持続感染していることの証明
  • ③ご自身が母子感染であることの証明
  • ④ご自身の病気の診断書または、相続人が請求される場合は死亡診断書(無症候性キャリアの場合は不要)

弁護士費用

完全成功報酬だから安心B型肝炎給付金に強い弁護士法人赤瀬法律事務所 詳しくはこちら

成功報酬は、給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが、国から4%補助されますので、お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし、最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので、お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t