給付金の額

B型肝炎給付金額は病状により異なります。
給付金額の一覧は以下のとおりです。

  • ■死亡・肝癌・重度の肝硬変
    発症後20年未満:3,600万円
    発症後20年経過:900万円
  • ■軽度の肝硬変
    発症後20年未満:2,500万円
    発症後20年経過+治療中:600万円
    発症後20年経過+治療していない:300万円
  • ■慢性B型肝炎
    発症後20年未満:1,250万円
    発症後20年経過+治療中:300万円
    発症後20年経過+治療していない:150万円
  • ■無症候性キャリア
    集団予防接種した日から20年未満:600万円
    集団予防接種した日から20年経過:50万円+検査費等

その他にも、裁判に係る弁護士費用の補助(上記給付金の4%)や、定期検査費用、感染防止のための医療費等が支給されます。
損害賠償請求権が消滅する除斥期間は発症後(または感染後)20年になり、除斥期間が経過してしまった場合に給付金が減額されていまいます。
もし除斥期間が経過してしまっても、減額した給付金は受け取ることが可能です。
できるだけ早いタイミングでアクションを起こすことが一番ですが、年数が経過してもご自身で判断して諦めることなどせずに、まずはお気軽にご相談ください。

弁護士費用

完全成功報酬だから安心B型肝炎給付金に強い弁護士法人赤瀬法律事務所 詳しくはこちら

成功報酬は、給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが、国から4%補助されますので、お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし、最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので、お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t