B型慢性肝炎

B型慢性肝炎とは、B型肝炎ウイルスの感染が原因となって最低6か月以上,肝臓に炎症が続く病態のことを意味します。

慢性肝炎を放置すれば発症後20~30年で肝硬変へ進行し、肝癌を発症するといった悪化する例も見受けられます。症状としては倦怠感,食欲不振,微熱や黄疸などがありますが,多くの方は肝硬変に進行するまで症状に気付かないこともあります。

成人してからB型肝炎ウイルスに感染した場合は、症状が出ずに自然治癒するのが7~8割くらい,残りは急性肝炎を発症後に治癒しますが,そのうちの約1~2%が慢性化することがあります。

一方、母子感染を含んだ3歳くらいまでの乳幼児の感染については、キャリア化するのが8~9割くらい、そのうちのほとんどが成人になり免疫機能が発達した頃に肝炎を発症することが多いです。肝炎を発症した大部分の方は肝機能の異常や症状がない無症候性キャリアの状態で生涯を過ごすことになりますが、およそ1割の割合で慢性化することがあり、慢性肝炎を発症後20~30年で肝硬変へ進行し、肝癌を発症するといった悪化する例も見受けられます。慢性肝炎だけに限らず、無症候性キャリアから肝癌に進行するケースもあるため、定期的に肝機能の検査や肝癌検査をすることが大変重要になります。

成功報酬は,給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが,国から4%補助されますので,お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし,最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので,お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t