肝炎

肝炎とは、何かしらの原因によって肝臓の細胞に炎症が起こり、肝細胞が壊れる状態を言います。

通常、肝臓の類洞に接しながら規則正しく配列していますが、炎症が起こることにより肝細胞のまわりに白血球系の細胞が入り込んでしまうことで、肝細胞が破壊されます。

この症状が約1~2か月で完治するものが「急性肝炎」、6か月以上続くものが「慢性肝炎」です。

急性肝炎は、ウイルスに感染後、潜伏期を経て、風邪によく似た症状が現れ、黄疸等の症状も現れることにより肝炎と気づく方が多いです。

一方、慢性肝炎は、軽症や無症状のことが多く、定期的な健康診断や肝機能検査を受けることで初めて気づく方が多いと言われています。

慢性肝炎が長引くことにより、肝機能が低下して、伸びてきた線維が肝細胞を囲むことで、肝硬変へ進行するケースが多々あります。

肝硬変が進行したり、劇症肝炎を発症した場合には、肝不全という深刻な状態になることもあります。

日本においての肝炎発症の原因は、ウイルスに感染による「ウイルス性肝炎」が一番多いと言われています。

ウイルス肝炎には、A型・B型・C型・D型・E型・G型・TT型があり、それぞれの型のウイルスに感染することにより、ウイルス性肝炎を発症します。

A型とE型は主に経口感染、B型・C型・D型は血液感染し、どの型の肝炎でも、最悪の場合には劇症肝炎を発症後に肝不全で死亡するケースが稀にみられるため注意が必要です。

また、ウイルス性肝炎以外の原因として、アルコールの過剰摂取が原因となる「アルコール性肝障害」、毒物による「中毒性肝障害」、薬物による「薬剤性肝障害」があげられます。

成功報酬は,給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが,国から4%補助されますので,お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし,最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので,お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t