肝がん

肝がんとは肝臓にできた癌のことで、肝臓から発症した”原発性肝癌”と、他の臓器や組織から肝臓に癌が転移した”転移性肝癌(続発性肝癌)”があります。肝がんの多くは転移性肝癌で、全体の四分の三の割合を占めます。

原発性肝癌には大きく分けて”肝細胞癌”と、肝臓内の胆管に発生する”胆管細胞癌(肝内胆管癌)”の2種類があり、ほかには”肝細胞癌と胆管細胞癌の混合型”、”肝芽腫”、”肝肉腫”、”嚢胞腺癌”があります。原発性肝癌の中でも肝細胞癌が約9割以上を、残りの1割の大半を胆管細胞癌が占める割合となっています。

肝細胞は、栄養素の分解や合成・排泄・代謝等に関わる、いわば肝臓全体の働きを持つ細胞で、日本において肝細胞癌になりやすい世代とは六十歳代であり、男性の方が4~5対1の確率で多くなるというデータが出ています。

肝細胞癌になるうち、ほとんどの人が肝硬変か慢性肝炎を発症しており、全体の約75%がC型肝炎ウイルス、約15%がB型肝炎ウイルス、残りの約10%がアルコール性肝炎等のアルコール関連が関係していると言われています。特に、C型肝炎ウイルス感染後→慢性肝炎→肝硬変→発癌する例が典型的であり、肝炎発症後に20~30年の時を経て肝細胞癌になるケースが多いと言われています。

このことから、C型慢性肝炎・B型慢性肝炎・肝硬変を”高危険群”と呼び、その中でもC型慢性肝炎・B型慢性肝炎を”超高危険群”としています。

成功報酬は,給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが,国から4%補助されますので,お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし,最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので,お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t