肝機能障害

肝機能障害とは、肝臓が何かしらの異常により障害を受けることで、正常な機能が維持できなくなる状態を言います。

肝臓は『沈黙の臓器』と呼ばれていますが、日常を元気に過ごしている人が健康診断等の結果を受け、初めて肝機能が低下していることを知るなど、初期や軽度の肝機能障害は自覚症状がないことがほとんどです。

しかし、肝機能障害が進行するにつれ、黄疸や倦怠感、体重減少などの症状が現れ、治療をしないでいると肝炎や肝硬変、最悪の場合に肝臓がんに進行するケースもある大変怖い病気です。

肝機能障害は、脂肪肝・ウイルス性肝機能障害・薬物性肝機能障害・アルコール性肝機能障害・非アルコール性脂肪肝炎・自己免疫性肝疾患など、様々な原因により分けられます。

血液検査をすることで、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP(ガンマGTP)、LDH値、ALP値、総ビリルビン値、総タンパク値、コリンエステラーゼ値等のマーカーの数値を確認し、肝機能の異常の有無を判断することが可能です。

血液検査以外では、MRIやCTスキャン、超音波検査、また肝生検や腹腔鏡検査など肝臓を直接検査する検査が行われ、より正確に病態の種類や進行度を判定します。

成功報酬は,給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが,国から4%補助されますので,お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし,最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので,お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t