肝硬変

肝硬変とは、さまざまな原因によって肝細胞が壊死や炎症を起こし、その部分を再生するための支持繊維(組織)の増殖が繰り返されることにより、肝臓が硬化・収縮して肝機能が低下する状態のことを言います。

日本において肝硬変を発症させる原因は、大部分がウイルス性肝炎によるものになります。ウイルス性肝炎の中でも、C型肝炎ウイルスが原因となる割合が全体の約7~8割と大半を占め、HBV(B型肝炎ウイルス)が原因となる割合は約1割になります。あとは、肝硬変全体のおよそ10~15%の割合でアルコール性肝障害があげられます。

肝硬変になると、肝細胞の組織や並び方が変化をし、5~20ミリのごつごつしたしこりである”再生結節”の形成が見られます。また、肝細胞が減少することで、残る肝細胞が線維に覆われるため、栄養素や酸素の供給を血液が十分に受けられず機能が低下します。線維も硬くなり増殖するため、肝臓の血液の循環障害を引き起こします。

成功報酬は,給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが,国から4%補助されますので,お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし,最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので,お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t