肝内胆管がん

胆管細胞がんとは、肝臓内の胆管の上皮や、それに由来する細胞から発生した悪性腫瘍のことです。

胆管細胞がんとも言われています。

肝臓にできるがんとして、肝細胞がんと同じく原発性肝がんの一種として取り扱われていますが、原発性肝がんの4%の頻度になり、二対一の割合で男性が多く、また60歳以上で発症の確率が高くなります。

初期段階では症状が出ないものの、進行とともに黄疸や上部腹痛、発熱、全身倦怠感、食欲不振、体重減少、かゆみ、白色便、黄疸尿などの症状が現れます。

肝細胞がんと違い、肝硬変や慢性肝炎を発症することが少ないために発見が遅くなり、気づいた時にはすでに進行がんの状態になっていることが多いと言われています。

成功報酬は,給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが,国から4%補助されますので,お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし,最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので,お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t