急性肝炎

急性肝炎とは、これまで肝臓に疾患や異常の無かった人が、急な肝細胞の破壊により肝炎を発症して、おおよそ1~2か月程度で完治する病気のこと言います。

症状として、特異的なものと非特異的なものがあげられ、特異的なものとして黄疸があります。一方、非特異的な症状としては、経験したことの無いような全身倦怠感、易疲労感、吐き気や嘔吐、発熱があり、風邪の症状と似ているために肝炎と自覚せず病院を受診して、念の為におこなった肝機能検査で発覚するといった他覚的徴候が見られます。

急性肝炎はウイルスの感染が原因で発症します。そのため、体質的なものや遺伝、ストレスを引き金にして肝炎を発症することはありません。

原因としては、特に肝炎のウイルスによる感染がほとんどを占めており、血液や注射器から感染する血清肝炎と、水や魚介類等から経口感染する流行性肝炎の2種類があると言われています。

また、ウイルス性肝炎の種類は、A型・B型・C型・D型・E型・G型・TT型が存在することが近年わかってきました。

肝炎ウイルス以外の急性肝炎を発症する原因として、ヘルペスウイルスやEBウイルス、サイトメガロウイルス等があげられますが、身体の抵抗力や免疫力が落ちた時に感染することが多いようです。

A型肝炎ウイルス:土地や地域の衛生状態が大きく関係する病態で、患者の便などで汚染された生水や井戸水、生の魚介類(特に生ガキ)により経口感染します。

B型肝炎ウイルス:出産時における母子感染や、性交渉や輸血、医療事故等で血液や体液、経皮を介して感染します。昭和40年に初めて発見された肝炎ウイルスで、成人後に感染すると慢性化することはありませんが、乳幼児期に感染すると持続感染が続きます。

C型肝炎ウイルス:血液を介して感染し、非A型非B型肝炎と言われる肝炎のほとんどの原因となっています。成人後に感染すると多くの人は慢性化します。

そのほか、D型・E型肝炎は日本においてほぼ症例を見たことが無く、また、G型・TT型については今のところ詳細がまだ明らかになっていません。なおかつ、上記にあげたいずれにも属さない肝炎もあると言われています。

成功報酬は,給付金の実質6%です(後払い)

  • ※成功報酬は給付金の10%ですが,国から4%補助されますので,お客様の実質負担は6%です。
  • ※ただし,最低報酬額は10万円です。国から2万円補助されますので,お客様の実質負担は最低8万円です。
ご相談専用ダイヤルB型肝炎給付金請求のご相談なら0120-0783-51 お問い合わせフォーム受付時間365日 24時間平日/土日・祝日OK
@LINEで無料相談始めました!

左記のQRコードか
こちらのURLから
登録ができます。
ID検索 ken7289t